mofuの日々

老うさぎ“もふお”との日々です。

うさぎの膿瘍③ お薬やり始めました

9/28日にアイメディカルhttps://www.imedical.jp/)で注文したお薬が海外から10/8日に到着しました。

 

その日の夕方からさっそくやってみることに。

 

届いた薬

・リゾチーム90mg 100錠

[NEUFLO1box100tab]

・レボフロキサシン500mg 30錠 [LIVOX500mg3box30tab] 

f:id:mofuiusagi:20181010210639j:imagef:id:mofuiusagi:20181012074608j:image

 

まずは、ピルカッターでカットします。

 

f:id:mofuiusagi:20181010210812j:image

※B12、ビオフェルミン、レボフロキサシン、塩化リゾチーム

 

 

f:id:mofuiusagi:20181010210822j:image

 

 

f:id:mofuiusagi:20181011230346j:image

※LACTO VITE

ラクトバイトの原材料

ショ糖、大豆油、小麦胚芽油、大豆パウダー、有胞子性乳酸菌、オリゴ糖、ビタミン類(A、E、D3)、保存料(デハイドロ酢酸ソーダソルビン酸)、酸化防止剤(BHT)

 

家では、ラクトバイトを使ってやることに。

やり方はラクトバイトを薬にまぶすようにスプーンでつけるだけ。

もふおは、まぶすだけで喜んで食べてくれます。

ラクトバイト大好きです。

投薬は簡単でした。

どんなに苦い抗生剤でも、ラクトバイトさえ使えば食べてくれています。

お薬で食べてくれないってうさちゃんには、いいですよ。

そして、カットした薬をバナナに挟んでも食べてくれました。

ピルカッターでカットするだけで済んだのでピルクラッシャーは必要なかったです。

一応用意していたのですが…。

 

 

f:id:mofuiusagi:20181011230607j:image

ラクトバイトをまぶしたレボフロキサシンと塩化リゾチーム

 

 

あとは、2時間後にビオフェルミンとB12を1日1回あげるだけ。

f:id:mofuiusagi:20181012075248j:image

こっちはラクトバイトなしでそのままでも食べます。

 

楽に服薬させてくれるもふおには、感謝です。

 

 

まとめ

投薬の流れは、

「ピルカット→ラクトバイトまぶす→2時間後にビオフェルミンとB12」